朋和産業に入社したいと思っているのであれば、この企業の採用データを確認しておく事は悪いことではありません。事前に確認しておけば、しっかりと準備ができますし、内定を得やすくなるのではないでしょうか。採用サイトを参考にしながら企業情報を探ってみましょう!

採用サイトの情報をチェック!

各企業によって求めている人物像は異なりますし、他にも様々なことを知ることが可能です。マイナビ2017には朋和産業の採用データに関するコーナーがありますが、ここを参考に書いていきます。

まず採用実績のある学校ですが、青山学院大学や近畿大学 、山形大学、横浜市立大学、立教大学、新潟大学など、地域も学力レベルも様々です。〇〇大学ではないからダメだーなどと考える必要はありません。実際にこの企業は採用するうえで人物面を重視すると宣言しているので、自分をしっかりと表現することが望ましいです。採用人数も気になると思いますが、2016年は14名の予定で、それ以前は5名、13名、6名、11名とバラつきがあります。提出書類は履歴書と成績証明書、そして卒業見込証明書となっています。

また気になるのは、実際に採用されて働き始めた後の給与などについてではないでしょうか。大学卒業者と大学院卒業者で給与額は違い、前者は21万円、後者は22万円となっています。独身寮が用意されているのは非常に嬉しいことですし、効率的にお金を貯めることができそうですね。寮が備わっているところで働きたい…と考えている人にはピッタリだと思われます。

朋和産業に採用された後の働き方は…?

入社するとすぐに新人社員研修を行います。各種研修を終えた後に、ブラザー・シスター制度に基づいたフォロー体制が敷かれるので、安心して仕事に臨むことができそうですね。企業によってはしっかりとした研修を用意していなくていきなり現場投入ということもあり得ますが、その点朋和産業は良いですね。

その後も3年目フォロー研修や各階層別研修を行っていて、常に社員のスキルアップが叶う環境をきちんと提供しています。そしてクラブ活動もいくつかありますので、気分転換もできそうです。仕事で力を発揮するためには、メリハリのきいた生活を送ることも大切ですが、クラブ活動はそれに一役買っています。

まとめ

朋和産業の採用データには上記のようなことだけではなくて、それ以外にも有用なことが多数掲載されているので、入社を考えている方は是非ともチェックしておくべきでしょう。朋和産業はパッケージを製造する企業で、レンゴーグループに属していて、安心して働き続けられそうです。