朋和の新卒の仕事内容

朋和産業では現在数多くの従業員が働いていますが、新卒社員も募集しています。
規模の大きな企業で様々な業務を行っているためすべての業務に携わることはありませんが、朋和産業でどのような仕事が行われているのかを知っておくべきでしょう。

パッケージの営業や企画段階から、製造を行い、出荷をするまでの間には細かな過程がとても多くあります。

まず営業担当者が様々な事業者のもとに出向き、それぞれの業態に応じたパッケージや素材の提案を行い、新規の取引獲得のために動きます。
朋和産業にとってこの営業部分は直接的にパッケージづくりに関わることはありませんが非常に重要な意味を持っており、まさに屋台骨を支えているといっても過言ではないでしょう。

契約に応じて商品の企画を行うことになりますが、単純にデザインなどを施すだけではなくて、様々な方向からマーケティング分析をし、よりユーザーに愛され必要とされるパッケージ作りを行うことになります。
この段階がデザインワークとなり、デザインだけでなく版下作りにもかかわっているのが特徴でしょう。

続いてより具体的なデザインデータを作り上げるために必要に応じて分色を行い、製版データへの変換作業が必要となります。
この段階がカメラワークとなり、パッケージデザインはここで決まります。
非常にやりがいがある作業工程となり、新卒社員の中にもこの工程を希望する人たちが少なくありません。

その後は製版ラインにてパッケージに印刷をする際に活用する版を製造し、彫刻方式だけでなくレーザー製版方式を活用している点も魅力でしょう。
この工程で製造した版を用いることにより、実際にグラビア印刷を施します。
朋和産業では地球環境のことを最大限に考えているため水性インキを使用していますし、それ以外にも様々な点においてこだわりを持って印刷を行っています。

続いてラミネート作業を必要に応じて行い、スリット作業を経て製袋に入ります。
製袋作業によりクライアント企業が求めている製品づくりが完了しますが、その後も朋和産業は手を抜くことはありません。

徹底した品質管理の体制を整えており、手順通りの製造かどうかの検査やにおいや強度の確認も行われています。
それらを経て問題がなければ厳密な管理システムのもと物流システムに乗り、出荷されていきます。

朋和産業の仕事内容は以上の形となりますが、いずれの作業においても新卒社員がやりがいを持って取り組めるのではないでしょうか。
ユーザーやクライアント企業の要望を最大限叶えることも重要な役割です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です