朋和産業のパッケージって?

朋和産業は主に食品に関するパッケージ作りを行っていて、それぞれの食べ物がより良い品質を維持しやすいように作られています。
多くの種類の軟包装製品を開発していて、それを流通や販売の場で最大限活用させることにより、エンドユーザーでもある消費者が安心して手に取ることができるようになりました。

ひとつの種類だけではなく、いろいろな形状をしたパッケージを作り出していて、食品に関する業界のみならずより高度な技術力の求められる医療器具に関しての分野でも取り入れられています。

自らの都合でパッケージ製品を作るのではなく、それらの製品を必要としているクライアントが本当に理想としているとパッケージを提案して、ニーズのあるものを開発して製造している点が大きな特徴でしょう。
自己満足に陥ることなく使いやすくて必要とされている機能性を最大限発揮することができるパッケージは重要な存在ですが、どの業者でも気軽に作れるわけではありません。
しかし朋和産業ではニーズを読み解いた上でそれに応じた製品をしっかりと製造する技術力を有しているので、満足度の高いパッケージが完成するのです。

あらゆるパッケージがありますがまず挙げられるのが、「変形特殊袋」になります。
これは名称の通り中に入れることになる製品の形に適した設計を都度行い、最適に保管できてなおかつ開封などがしやすい工夫も加えられています。

それに加えてポテトチップスなどの袋で見られる「合掌袋」も製造しており、これは背張りがあることが特徴になります。
他には中に液体を入れて保管することが多い「三方袋」や厚さのあるものを入れやすい「ガゼット袋」、底の部分にマチがついていて自立させられる「スタンディングパウチ」のようなパッケージも開発や製造しています。

もちろんこれらは製造しているパッケージのほんの一部にしか過ぎませんし、「トムソン」「ロールラベル」のような少々特殊なパッケージの開発もしており、まさに世の中の役に立っていると言えるでしょう。
パッケージは主役となる製品を包装するためのアイテムなのでどうしても脇役として扱われがちですが、主役の製品をしっかりと保管して品質を保たせることができる非常に優秀で大切な存在です。
特に朋和産業の製品は朋和クオリティを貫き作られていて、品質への取り組みやそして商品開発力の高さなども武器となっていて、時代に即し、消費者に求められているパッケージ作りにいそしんでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です