朋和の商品開発力のご説明

朋和産業は包装関連の有名企業ですが、とにかく商品クオリティが素晴らしいことで知られています。
資本金5億円、売り上げは542億円という業界きっての大企業ならではの商品開発力を披露しています。

パッケージ用品に求められる要素は、その使用用途によって大きく異なるのが特徴でしょう。
それぞれのクライアントのニーズにしっかりとこたえることができているのは、朋和産業に実力や経験があるからこそなのです。

これまでに多種多様なパッケージを作成してきた実績がありますが、大きく分類するだけでも、「開封」「機能」「機能形態」に分けることができて、パンを包むパッケージやおにぎり用の物、レトルトパウチ、インスタント麺用のパッケージなど、あらゆるものを作ってきた実績を誇っています。

これは商品開発力に優れていないとできませんし、我々の生活に欠かすことができない技術だと言えます。
スーパーやコンビニに行くと、恐らく朋和産業が手掛けた軟包装を活用している商品に出会うことと思います。

コンビニなどで販売している商品を見ると分かりますが、商品そのものだけではなくて、それに使われているパッケージも常に進化しているのが分かります。
この進化によってより美味しく食べることが出来たりなどするわけですから、どれだけパッケージの重要度が高いのか分かりますよね。

それぞれのアイテムに合った容器を朋和産業からクライアントに対して提案することもでき、喜ばれています。
朋和産業はこの分野のプロフェッショナルですから、専門的な提案や独自性溢れるアイデアの提供なども行っているのでしょう。

ただ単に商品を包むだけであればそれほど専門的な知識は不必要なのですが、よりお客さんが使いやすく感じるように工夫されていますし、常に高みを目指している点も評価できます。
冷静に考えてみるとおにぎりやサンドイッチのパッケージというのはこういった工夫が凝らされていますよね。
もしこれらのパッケージアイテムがなくなってしまうと新鮮な状態のものを食すことは難しくなってしまいますし、包装用品が果たしている役割はとても大きいといえます。

商品開発力を有しているという理由で朋和産業に依頼をするという企業も多数あり、包装企業においての地位をすでに確立しているといえます。
このような状態でありながらまだまだ成長しようとしている姿を見ると、感動してしまいます。
つるりんフィルム等も提供している点も見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です