朋和産業の供給体制についてまとめました!

朋和産業ほど有名になり、多数の取引先を抱えると、毎日数多くのパッケージを製造する必要が出てきます。
パッケージ用品というのは食品にも使用されていますし、また日用品にも使われており、我々の日常生活に必要不可欠な存在です。
ですから需要は相当あるのですが、それに対してしっかりと供給できる体制が整っていないと大変です…。
その点も朋和産業ですと安心で、自社工場の設備力は圧倒的なクオリティを誇っており、供給力が素晴らしいだけではなくて、品質自体も極めて高いといえます。

まず注目すべき部分は生産力の凄まじさで、1ヶ月の間に作ることができるパッケージはなんと地球3週分となっています。
印刷機についても類を見ないような高いレベルの物を導入しており、また地球環境にも負担をかけにくい印刷機を設けています。
パッケージを印刷している風景は爽快で、想像以上の規模に驚くはずです。

しかし供給体制だけが整っていても肝心の衛生面に問題があってはいけません。
ですが朋和産業であればその部分についても問題ありません。
衛生基準も厳しいですし、現段階で多数の企業と取引をしている点を見ると、衛生状態のレベルの高さをうかがい知ることができるでしょう。
またより効率的な作業が可能なようにロボットが導入されているのですが、これのおかげでより安定した製造ができるというわけですね。

朋和産業は工場設備に近代的なシステムを多数取り入れていて、一貫した生産体制を築くことに成功しています。
自社製品で使用するパッケージを製造するのであれば安定性はそれほど必要ないかもしれませんが、多数のクライアント企業が使用するためのパッケージを作るとなると、供給体制に不備があるといけません。
さすが長年この世界で生き残っていた朋和産業!といえるような質の高い仕事を行っています。

素早く大量に印刷するにもかかわらず、クライアントが希望するような色を実現させていますし、また各製品に適しているラミネート加工も得意としています。

実はパッケージ製品には多種多様なものがあります。
スーパーやコンビニで販売されているようなおにぎりやサンドイッチに使われているもの、冷凍食品の袋、お菓子が入っている袋、豆腐やゼリーが入っているようなフタ材、その他には粘着剤コーティングフィルムも当然朋和産業で製造可能です。
また食品関係だけではなくて、メディカル系でも活用されているのが朋和産業の製品の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です