吉井産業は梱包資材や梱包機材の製造・販売を手掛けているメーカーです。1961年に大阪で創業され、以降様々なパッケージ・各種梱包機材の開発や販売を続けています。
創業地の大阪ではとても歴史ある梱包資材メーカーの一つで、名前を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

吉井産業ってどんな会社?

吉井産業一番の特徴として挙げられるのが、自社で一貫した生産体制を構築している点です。パッケージのデザインから製版・印刷、加工から検品まで、パッケージに関するあらゆる業務を自社で手掛けており、トータルでパッケージを製造しています。マーケティングも実施しており、市場動向やターゲットに基づいたパッケージを提案しています。

また、吉井産業は商品の品質保持に合った資材づくりをコンセプトにしています。ニーズが多様化する中でどのようなパッケージが求められ、どう対応していくかを軸に、製品作りへと取り組んでいます。商品企画やパッケージの訴求力などを常に考え、製品へと取り入れている点も特徴的です。

吉井産業の特徴・強みってどんなところ?

自社工場は創業地である大阪で運営しています。デザインから納品までを全て完結しており、よりクオリティの高いパッケージがこの工場で製造されています。製品の信頼性や品質に関しては、業界トップクラスと言っても良いでしょう。取り扱っている製品も非常に多く、種類は豊富です。例えばパッケージだけでも様々な製品を取り扱っています。一般的なポリエチレンなどの素材を用いたフィルムパッケージや、商品のイメージが主眼に置かれた整形トレー・パッケージ、そして商品に貼り付けられたラベルに至るまで、様々な製品を手掛けているのが特徴です。

一方の梱包用機材もバリエーションに飛んでいます。主な取り扱い製品はシーラーで、卓上用の小さなシーリング用機械から業務用の加圧シーラー、動力源にエアを用いたものまで、ニーズに合わせた製品作りが吉井産業の魅力です。他にもホットプリンターやパイロン、ラベラーなど、梱包に欠かせない各種製品を扱っています。

吉井産業のパッケージは私たちの身近なところにも存在します。特に加工食品や菓子のパッケージを多数製造おり、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで見かける包装が吉井産業の手掛けている場合もあります。普段はほとんど意識することの無いパッケージですが、商品を彩り、品質を保持するための役割を担っています。手に取った商品のパッケージが吉井産業製品、ということもありますので、一度チェックしてみるのも面白いかもしれません。